MENU

目のクマの”原因”とは!?【寝不足だけではない?】

目の下のクマというのはなかなかカバーするのが難しい厄介な問題で、悩んでいる方も多いと思います。目の下のクマで悩んでいる方におすすめしたいのは、まず自分の目の下のクマが青クマ、黒クマ、茶クマという三種類あるといわれているクマのうちのどれに最も近いのかということを把握することです。

 

これらは医学的な観点による区別で、それぞれ主要な原因となることが異なっているため、効果的な対処の仕方というのもやはり、それぞれ異なってくるものと考えられています。目の下のクマというと、巷ではよく寝不足ということが言われたりしていますが、クマの原因は単純にそれひとつ、というわけではないのです。

 

まず青クマは、目の周りの血行不良による血液の酸素不足から血液が黒ずみ、それが薄い目の下の皮膚を通すと青黒く見えてしまう現象だといわれています。つまり主要原因は目の周りの血行不良で、それを起こす要因となることは複数あり、眼精疲労(パソコン、スマホ等による目の酷使)、過度の喫煙、睡眠不足、カラダの冷え、食生活の乱れ、運動不足などがそうだといわれています。目の下を指で下にひっぱると薄くなったり、日によって濃さが変わったりする場合、そのクマは青クマとみなすのが妥当だといわれています。

 

黒クマは皮膚や血液の色が変わるわけではなく、目の下に出来たくぼみやへこみが影を作りそれが黒っぽくみえてしまう現象だといわれています。主要な原因といわれているのは加齢による目元の皮膚の菲薄化や目元の筋肉の衰えです。上を向いたり目じりを指で持ち上げると薄くなるという場合、そのクマは黒クマであるとみなすのが妥当だといわれています。

 

茶クマはメラニン色素の沈着の影響で目の下の皮膚の色が土気色になる現象だといわれています。主要な原因といわれているのは目の下の皮膚の摩擦(こすりすぎ)による色素沈着や紫外線によるダメージです。青クマや黒クマを見分ける方法を試しても変化がまるでみられないという場合、そのクマは茶クマであるとみなすのが妥当だといわれています。

目のクマの改善は種類別の対策が重要

容姿に関する悩みのひとつとしていわれることの多い目のクマ。目の下にクマが出来ていると元気のない人間に見られたり、年齢よりずっと老けているというような印象をもたれたりしてよくないので、やっぱり出来ないに越したことはないと思いますし、出来ている場合は少しでも早く治したいものですよね。

 

そんな目のクマの効果的な対策は、クマの種類によって異なるといわれています。クマの種類というのは大きく分けて、茶クマ、青クマ、黒クマの三つです。目のクマを改善するには、自分のクマがそのいずれに当たるものなのかを知り、それにふさわしい対策をとることが大事だと言われています。

 

茶クマは日焼けによるダメージや目の下のこすりすぎによる色素の沈着が主な原因のクマで、目の下の皮膚を下にひっぱってみたり、目じりを上に持ち上げたりしても薄くなったりしない場合がそうだと言われています。効果的といわれている対策は、普段からメイク落としなどの際に目の下をこすらないように注意することや、美白効果のあるスキンケア製品の利用です。

 

青クマは目の周囲の血の巡りが悪くなることが主な原因のクマで、目の下の皮膚を下に向けてひっぱると薄くなる、あるいは日々の体調の良し悪しによって濃さが変わるという場合がそうだと言われています。効果的だと言われている対策は、生活習慣の見直し(早寝早起きを心がける、喫煙を控える、運動の習慣をもつなど)や目元のマッサージ、血行促進に効くツボ押しなどによって目の周りの血行をよくすることです。

 

黒クマは加齢による目の周囲の肌の老化(たるみ、凹み)が主な原因で、クマの部分がよく見ると凹んでいる、顔を上にあげると薄くなるという場合がそうだと言われています。効果的だといわれている対策は、アイクリームなどによる保湿ケアやヒアルロン酸・ビタミンC誘導体等の入ったスキンケア製品による潤い補給、むくみ解消マッサージなどです。