MENU

魅力的とは限らない!?【”男性”のほうれい線!】

「ほうれい線」は女性だけでなく男性にもできるもので、男性だと魅力を増すものとなるような場合もなくはないとはいえ、やはり多くの場合印象のアップではなくダウンにつながるものだと思うので、ある場合には放置せず、いろいろな改善策を試みて改善に努めた方がいいと思います。

 

「ほうれい線」の原因は主に加齢による肌の老化(たるみ、ハリ・弾力の減少)だと言われていますが、それをもたらしたり、それを助長させたりすることはひとつではなく、いろいろあります。なので「ほうれい線」を改善するためには、加齢による肌の老化現象を抑える作用をもつ成分が配合されているスキンケア製品を利用するということだけでなく、生活習慣(ライススタイル)の見直し・改善によって、それ(加齢による肌の老化現象)をもたらしたり助長させたりすることを避けるようにすることも大事になってきます。

 

男性の場合、普段気にせずなんの対策もしない方がほとんどだと思いますが、紫外線(日焼け)は肌の老化現象を助長させるもののひとつだといわれています。すぐに影響が出るものではないのですが、害は着実に蓄積され、一定の期間が経つと目に見える形(しわ、たるみ)になって外に現れてくるといわれています。なので日焼けは避けるようにした方がいいですし、避けがたいシチュエーションでは日焼け止めを利用するようにした方がいいといえます。

 

またタバコも、肌の老化現象を助長させるもののひとつだといわれています。なのでタバコは吸わないようにした方がいいですし、その方法としては、何かほかのストレス軽減方法(喫煙者の多い麻雀、パチンコ、ゴルフといったこと以外のリフレッシュ方法)を身に付けるようにするのがおすすめです。

 

デスクワークがメインの男性の場合、作業中の姿勢に気を付けることも大事です。猫背で顔が前に出てしまっているような姿勢の継続は顔の血行不良をもたらし、肌の老化を早くする要因のひとつだといわれています。

 

ほうれい線の問題とその対策

目元のクマと同じく、見た目年齢を左右する厄介な問題のひとつとして挙げられることの多い「ほうれい線」。

 

その最も大きな原因といわれているのは、加齢による肌のたるみで、それは具体的には真皮のコラーゲンやエラスチンの減少による皮膚の弾力・ハリの低下、変化の少ない生活習慣からくる表情筋の衰え、顔に増加・蓄積した皮下脂肪などが原因で起こってくると言われています。

 

また十代、二十代の若い人でも「ほうれい線」に悩まされる場合があり、そういうケースの「ほうれい線」の原因は、肌のたるみではなく、間違ったスキンケアによる肌の乾燥や良くない生活習慣からくる顔のむくみ、骨格のゆがみだといわれています。

 

加齢による肌のたるみが原因の「ほうれい線」対策としておすすめといわれていることのひとつは、ベロ回し体操です。これは口の中で舌をぐるぐると回すだけの簡単なもので、基本的にどこでもできますが、やっている間は顔の形相がけっこうすごい感じになってしまうので、人がいるところでやるのであればマスクをするようにした方が良いです。

 

もうひとつは、ペットボトルエクササイズと呼ばれるもので、これも「ベロ回し体操」と同様、顔の筋力のアップが期待できる「ほうれい線」対策です。やり方は、空のペットボトル(500ml)に100ml程度の水を入れ、それを口にくわえ、そのまま10秒程度キープするだけという簡単なもので、これを三回行うのを1セットとして朝と夜、一日2セットが行うのがベターだと言われています。

 

またスキンケア製品を利用する対策では、セラミド、ヒアルロン酸、コラーゲンといった保湿力の高い成分が配合されているものを利用するのが良いといわれています。

関連ページ

目のクマの”原因”とは!?【寝不足だけではない?】
目のクマの原因についてです。